次回開催のご案内

プログラム

第12回若手研究フォーラムは盛会のうちに終了しました。
次回の開催は 2019年8月頃 を予定しております。

第12回若手研究フォーラム

一般口演 Oral Presentation
  • 15:00
  • フッ素置換基を有した核酸分子が及ぼすDNA特性変化と相互作用変化の解析
  • The analysis of the difference in DNA characters and in molecular interactions using the techniques in physical chemistry
  • 小関 準(医学系研究科疾患データサイエンス学 助教)
  • 15:30
  • ゼブラフィッシュを用いた血管形成の生体イメージング解析
  • Imaging-based analyses of vascular development using zebrafish
  • 中嶋 洋行(国立循環器病研究センター研究所 細胞生物学部 細胞機能研究室長)
  • 16:00 【特別講演】
  • 脳の神経回路の修復を制御するメカニズム
  • Molecular mechanisms underlying nerve cell damage and repair following brain injury
  • 村松 里衣子(国立精神神経医療研究センター神経研究所 神経薬理研究部 部長)
  • 17:10
  • ポスターセッション

ポスター演題 Poster Program

発表時間

演題番号偶数:ポスターセッションの前半45分(17:15 ~ 18:00)
演題番号奇数:ポスターセッションの後半45分(18:00 ~ 18:45)

一般演題

  1. エンテロコッカスが膵臓に存在し、膵臓がん、慢性膵炎の病態進展に関与する
  2. Possible involvement of Enterococcus infection in the pathogenesis of chronic pancreatitis and cancer
  3. 糸山 幸来(大阪大学大学院医学系研究科 機能診断科学講座)
  4. 脳の形態形成における細胞内小胞輸送関連分子SNAP23の機能解析
  5. Functional analysis of a SNARE protein SNAP23 in the developing brain
  6. 國井 正孝(細胞生物学)
  7. 心内膜前駆細胞における Sox17 の発現と心臓形成における機能
  8. Sox17 expression in the endocardium precursors regulates the heart tube development
  9. 佐波 理恵(心臓再生医療学)
  10. KLF4は頭頚部正常発生に必須である
  11. KLF4 is indispensable for normal craniofacilial development
  12. 竹内 優斗(歯学部附属病院)
  13. KLF4によるプロテアーゼ発現制御機構の解析
  14. How does KLF4 induce pathological protease expression?
  15. 立田 咲百合(歯学部)
  16. ミツバチの巣室の形の謎を解く4
  17. Honeybees' operations cause the structure of their combs as the result
  18. 平坂 優衣(医学部医学科)
  19. ヒト関節軟骨細胞三次元組織に対する繰り返し圧縮負荷は, 炎症メディエーター及び疼痛関連因子の産生を促進する
  20. Cyclic compression loading on three-dimensional tissue of human articular chondrocytes upregulates inflammatory mediators and pain-sensitizing molecules
  21. 疋田 光波(健康スポーツ科学(スポーツ医学)教室)
  22. 卵巣癌臨床検体における細胞表面抗原発現と遺伝子発現パターンの解析によるがん多様性の解明
  23. Elucidating tumor heterogeneity through the analysis of cell surface marker expression and gene expression of patient-derived ovarian cancer cells
  24. 石田 享相(産科学婦人科学教室)(遺伝子治療学教室)
  25. 腫瘍内皮細胞におけるアミノ酸トランスポーターLAT1の発現亢進と腫瘍血管形成への寄与
  26. Upregulation of L-type amino acid transporter 1 (LAT1) in tumor endothelial cells: contribution to tumor angiogenesis
  27. Lili Quan(生体システム薬理学)
  28. 放射線照射により上昇したp53/p21シグナルは肝再生を遅延させる
  29. Activation of p53/p21 signaling pathway after radiation impairs the regenerative capacity of the liver.
  30. 占部 真貴子(消化器内科学教室)
  31. トリプルCRISPR法による交配無しでのダブルノックアウト、トリプルノックアウトマウス作製
  32. Double and triple KO mice generation without crossing by triple CRISPR method
  33. 田邉 彰(理化学研究所・生命機能科学研究センター・高速ゲノム変異マウス作製支援ユニット)
  34. Arl4cとIQGAP1の相互作用による膵がんの悪性化
  35. Roles of Arl4c-IQGAP1 interaction in malignancy of pancreatic cancer cells
  36. 原田 昭和(分子病態生化学)
  37. ゲノム編集が広げるラットリソースの可能性-NBRP-Ratと先端モデル動物支援-
  38. Genome editing technology expands the potential of rat resources.
  39. 宮坂 佳樹(大阪大学大学院医学系研究科附属動物実験施設/実験動物学教室)
  40. 膜型ATP分解酵素Entpd8による大腸炎および大腸がんの制御機構の解明
  41. The role of ATP hydrolyzing enzyme Entpd8 in intestinal inflammation and tumorigenesis
  42. 谷 春佳(免疫制御学教室)
  43. 線虫のrejuvenationにおけるオートファジーの役割
  44. The role of autophagy during rejuvenation in C.elegans
  45. 藤原 まり(遺伝学教室)
  46. 辺縁帯B細胞の非選択的陽イオンチャネルTRPM5は敗血症を抑制する
  47. Transient receptor potential M5 channels in marginal zone B cells negatively regulate endotoxic shock.
  48. 坂口 大起(免疫制御学教室)
  49. ゲノムインプリンティングを維持したマウス胚性幹細胞の樹立
  50. Establishment of mouse ESC with intact genomic imprinting by a novel method
  51. 小西 理予(幹細胞病理)
  52. Screening of anti-HBV compounds
  53. Screening of anti-HBV compounds
  54. Md. Arifur Rahamn(ウイルス学)
  55. T細胞発生初期段階でのADAR1の欠損はT細胞受容体の発現抑制を介してアポトーシスを誘導する
  56. Loss of ADAR1 induces severe apoptosis by preventing the expression of T cell receptors during early stage of T cell development in mice
  57. Tuangtong Vongpipatana(神経遺伝子学)
  58. Mendelian randomization解析を用いた肥満と乾癬の因果関係に関する考察
  59. Mendelian randomization identified the causality of obesity for psoriasis
  60. 小河 浩太郎(遺伝統計学)
  61. 造血ニッチ細胞で特異的に高発現する転写因子Ebf3は骨髄腔の維持に必須である
  62. Stem cell niche-specific Ebf3 maintains the bone marrow cavity
  63. 清家 正成(幹細胞生物学)
  64. 異性間骨髄移植後の病理組織標本で調べたヒトの腫瘍における癌関連線維芽細胞と腫瘍関連マクロファージの起源
  65. Origin of cancer-associated fibroblasts and tumor-associated macrophages in humans after sex-mismatched bone marrow transplantation
  66. 倉重 真沙子(病態病理学)
  67. 電子伝達系を標的とした新規ミトコンドリア病治療法の開発
  68. Development of a novel therapeutic strategy for mitochondrial disease by increasing CcO activity
  69. 長尾 壮将(医化学研究室)
  70. サルコメア収縮性を直接的に抑制する新しい薬剤の開発
  71. Development of Direct Sarcomere Inhibitors
  72. 北浦 真生(医化学教室)
  73. 脊髄損傷後発現の上昇するプロトン感受性受容体群
  74. The proton-sensing receptors which are up-regulated after spinal cord injury
  75. 的場 謙(分子神経科学)
  76. 膜貫通タンパク質Rsp1はHGF依存性のがん細胞の浸潤を制御する
  77. Transmembrane glycoprotein Rsp1 controls HGF-dependent cancer cell invasion
  78. 河瀬 直之(微生物病研究所 発癌制御研究分野)
  79. ヒト雄性不妊に関わるY染色体遺伝子の機能解析
  80. Functional analysis of the Y chromosome gene related human male infertility in mice
  81. 村松 貴史(微生物病研究所 遺伝子機能解析分野)
  82. BMP-2誘導異所性骨形成の生体内動的解析
  83. In vivo dynamic analysis of BMP-2-induced ectopic bone formation
  84. 橋本 国彦(免疫細胞生物学)
  85. 網膜血管疾患の慢性化を制御する分子機構
  86. Molecular switch for transition to the chronic phase of retinal vascular disease
  87. 福嶋 葉子(眼科学)
  88. 紫外線および緑色刺激網膜電図における錐体ON,OFF経路に対する双極細胞の役割
  89. Contribution of Bipolar Cells of Cone ON and OFF Pathways to Electroretinograms Elicited by Ultraviolet and Middle Wavelength Stimuli
  90. 河嶋 瑠美(眼科学)

企業ポスター

  1. 新商品のご紹介:導入困難な細胞へのCas9タンパク質とgRNAのトランスフェクションキット
  2. Introduction of new product that can transfect Cas9 protein and gRNA into difficult-to-transfect cells
  3. 山口 朋奈(石原産業株式会社)
  4. レンチウイルス量を培養上清から僅か10分で測定可能なキットのご紹介
  5. A rapid quantitation of lentiviral vector from culture supernatants just in 10 min
  6. 井上 晃一(タカラバイオ株式会社)
  7. 画期的な低圧フローソーターMACSQuant Tytoによる高純度viableニューロンの分離
  8. Gentle cell sorting on MACSQuant Tyto allows enrichment of viable neurons
  9. 高須賀 直美(ミルテニーバイオテク株式会社)
  10. 非小細胞肺癌(NSCLC)組織サンプルを用いた免疫及び癌マーカープロファイリング
  11. Cell by Cell Immuno- and Cancer Marker Profiling for Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC) Tissue Sample Using
  12. 岡留 幹(トミーデジタルバイオロジー株式会社)
ページの先頭へ