次回開催のご案内

プログラム

第9回若手研究フォーラムは盛会のうちに終了しました。
次回の開催は 2018年3月14日(水) を予定しております。

第9回若手研究フォーラム

口頭演題 Oral Presentation
  • 15:00
  • 小分子piRNAによる遺伝子抑制機構
  • Mechanisms of piRNA mediated gene expression.
  • 永森 一平(幹細胞病理学 助教)
  • 15:30
  • Rubiconはオートファジーを負に制御することで脂肪細胞機能を維持する
  • Negative regulation of autophagy by Rubicon ensures adipocyte fusion.
  • 山室 禎(遺伝学 大学院生)
  • 16:00
  • スポーツ医科学とパフォーマンス解析
  • Sports medicine and performance analysis.
  • 馬込 卓弥(スポーツ医学 助教)
  • 16:30
  • 血管束移動は腫瘍血管形成の概念を変えるか?
  • Do "vascular strand invasion" change the concept of tumor angiogenesis?
  • 木戸屋 浩康(微生物病研究所 情報伝達分野 助教)
  • 17:00
  • ポスターセッション

ポスター演題 Poster Program

  • 癌細胞表面におけるICAM-1発現増強を介する不活化センダイウイルス粒子によるNK細胞の癌細胞に対する感受性の増進
  • Inactivated Sendai Virus Particles increase NK cell sensitivity of cancer cells via upregulating ICAM-1 expression on cancer cell surfaces.
  • Li Sumin (遺伝子治療学)
  • 中心体機能制御基盤としてのアペンデージ構造の役割
  • Molecular basis and hierarchical assembly of the centriole/basal body appendage in mammalian cells.
  • 柏原 宏香(分子生体情報学)
  • HDAC阻害剤による非アポトーシス型細胞死の抑制
  • Inhibition of non-apoptotic cell death by HDAC inhibitors.
  • 新沢 康英(遺伝子学)
  • 5-HT3A受容体の全分布解析の重要性
  • The significance of complete distributional analysis of the 5-HT3A receptor.
  • 小山 佳久(神経細胞生物学)
  • GPIアンカー型神経栄養因子受容体GFRA2の、心臓前駆細胞特異的発現と心筋分化に果たす役割
  • Glycosylphosphatidylinositol-anchor containing neurotrophic factor receptor GFRA2 identifies cardiac progenitors and mediates cardiomyocyte differentiation via an alternative signal pathway.
  • 八代 健太(心臓再生医療学)
  • 有機アニオン輸送体OAT1の芳香族アミノ酸誘導体に対する構造活性相関-がんイメージングプローブの腎集積に寄与する分子内構造の解明
  • Structure-activity relations of aromatic amino acid derivatives to interact with organic anion transporter OAT1 reveal critical moieties for renal accumulation of tumor imaging probes.
  • Jin Chunhuan (生体システム薬理学)
  • 一本鎖DNAを用いた効率的ゲノム編集動物作製法の開発
  • Development of single strand DNA-mediated knock-in strategies in rodents with CRISPR-Cas9.
  • 吉見 一人(ゲノム編集センター/ 動物実験施設)
  • 超高深度全ゲノムシークエンス解析における変異同定精度の検証
  • The validation of the accuracy of variant identification by whole-genome ultra-deep sequencing.
  • 岸川 敏博(遺伝統計学)
  • 上皮形態形成における活性化Srcの時空間的制御
  • Spatiotemporal regulation of activated Src in epithelial morphogenesis.
  • 梶原 健太郎(発癌制御研究分野(微生物病研究所))
  • 骨代謝におけるオートファジーの機能
  • Autophagy upregulation could facilitate bone remodeling.
  • 吉田 豪太(遺伝学)
  • 心臓特異的ミオシン軽鎖キナーゼの活性制御機構の解明
  • Analysis of the regulatory mechanism of cardiac myosin light chain kinase activity.
  • 宇山 侑希(医化学)
  • 2光子励起イメージングを用いた大腸がんの定量的迅速診断法の開発
  • Two-photon excitation microscopy as a novel diagnostic tool for discriminating normal tissue and colorectal cancer lesions.
  • 松井 崇浩(免疫細胞生物学)
  • マウスハプロイドES細胞を用いた両アレル変異体バンクの作製
  • A homozygous mutant mouse embryonic stem cell bank arising from autodiploidization during haploid gene trap mutagenesis.
  • 山西 絢子(環境生体機能学)
  • カポジ肉腫ヘルペスウイルスとLINE-1との相互作用の解析
  • Possible interaction between Kaposi's sarcoma herpesvirus and LINE-1.
  • 中山 椋太(ウイルス学)
  • YAPは流れによる機械的刺激に応答して血管安定化に寄与する
  • Endothelial YAP is regulated by flow-mediated mechanical stimuli and contributes to vessel stabilization.
  • 中嶋 洋行(国立循環器病研究センター研究所(細胞生物学部))
  • 睡眠・覚醒時におけるマウス全脳活動プロファイリング
  • Whole-brain Cellular Activity Profiling during Sleep and Wake.
  • 幸長 弘子(理化学研究所生命システム研究センター(合成生物学研究グループ))
  • BCLXLはフラビウイルスの病原性発現に関与する
  • BCLXL participates in pathogenicity of flavivirus infection.
  • 鈴木 達也(分子ウイルス分野(微生物病研究所))
  • 病原体成分を認識する抑制型レクチン受容体の解析
  • Recognition of pathogen via inhibitory lectin receptor.
  • 本園 千尋(分子免疫制御分野(微生物病研究所))
  • オートファジーの負の制御因子であるルビコンは骨格筋の廃用性萎縮を緩和する
  • Rubicon, a negative regulator of autophagy, ameliorates disuse atrophy of skeletal muscle.
  • 榎谷 祐亮(遺伝学)
  • 成体唾液腺におけるWntシグナル応答細胞の同定と機能解析
  • Identification and functional analysis of Wnt signal response cells in adult mouse salivary gland.
  • 廣田 傑(分子病態生化学)
  • IL-17Aを標的としたDNAワクチンは自己免疫性関節炎マウスモデルに対して治療効果を示す
  • Therapeutic efficacy of DNA vaccination against IL-17A in mouse autoimmune arthritis models.
  • 池田 裕香(健康発達医学)
  • 精巣特異的小分子RNAのトリミングは減数分裂期と減数分裂後の精子形成に必要である
  • PNLDC1, mouse pre-piRNA Trimmer, is Required for meiotic and Post-meiotic Germ Cell Development.
  • 宮川 さとみ(幹細胞病理学)
  • 好中球における電位依存性プロトンチャネルの機能
  • The function of voltage-gated proton channel in mouse neutrophils.
  • 大河内 善文(統合生理学)
  • Hippoシグナルが二次心臓領域に由来するIsl1陽性心房筋細胞への分化を規定する
  • Hippo signaling restricts cells in the second heart field that differentiate into Islet-1-positive atrial cardiomyocytes.
  • 福井 一(国立循環器病研究センター研究所(細胞生物学部))
  • 組織透明化技術を応用した三次元病理診断法
  • CUBIC pathology: three-dimensional imaging for pathological diagnosis.
  • 野島 聡(病態病理学)
  • 超低侵襲性イメージングを用いて哺乳類の受精を評価する
  • Low-invasive Imaging of Ca2+ Oscillations and Quantitative Analysis of the Cortical Reaction in Mammalian Eggs.
  • 佐藤 裕公(遺伝子機能解析分野(微生物病研究所))
  • 骨髄における造血幹細胞ニッチに必須の転写因子Foxc1の発見
  • Foxc1 is a critical regulator of haematopoietic stem/progenitor cell niche formation.
  • 尾松 芳樹(幹細胞生物学)
  • ミトコンドリアを介するアポトーシスの活性化による肝細胞DNaseIIの活性化はTLR9/IFN-β経路を介するRIP-1依存的な肝細胞ネクローシスを制御する
  • DNase II activity upon activation of the mitochondrial apoptotic pathway regulates RIP1-dependent hepatocyte necrosis through TLR9/IFN-β signaling pathway.
  • 齋藤 義修(消化器内科学)
  • トランスフェクション困難な細胞におけるHVJ-Eを用いたハイスループットsiRNA/miRNAスクリーニング法
  • High-Throughput siRNA/miRNA screening process in Hard-to-Transfect Cells Using HVJ-E Vector.
  • 近藤 由隆(石原産業株式会社)
  • 炎症を起こした脳・脊髄からの免疫細胞の分散・分離・解析ーエピトープ保護と高い再現性を実現したプロトコールの確立
  • A novel automated dissociation procedure for inflamed neural brain and spinal cord allows detection and isolation of immune cells.
  • 高須賀 直美(ミルテニーバイオテク株式会社)
  • 高速タンパク質解析試薬~電気泳動からウェスタンブロッティングの操作を高速化する一連技術の紹介~
  • Fast Protein Analysis ~Save your precious time with our super-fast reagents for electrophoresis and western blotting~.
  • 廣田 勝也(ナカライテスク株式会社)
  • ThruPLEX®テクノロジーを用いて調製した分子タグを含むcell-free DNA由来のNGSライブラリーは希少アレルを検出する能力を向上させます
  • NGS libraries from cell-free DNA containing molecular tags prepared with ThruPLEX® technology improve ability to detect rare alleles.
  • 大場 利治(タカラバイオ株式会社)
  • 浮遊培養による高効率ウィルス生産システム、および幹細胞研究における最新ソリューション
  • High efficiency virus production system by suspension culture and the latest solution for stem cell research.
  • 片田野 堅司(サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社)
  • CytobankのSPADE、viSNE両解析によるマスサイトメトリー及びフローサイトメトリーデータの細胞集団の同定
  • Identifying Cell Populations in Mass & Fluorescent Cytometry Data Using SPADE on viSNE in Cytobank.
  • 坂田 奈央美(トミーデジタルバイオロジー株式会社)
ページの先頭へ