次回開催のご案内

プログラム

第11回若手研究フォーラム

口頭演題 Oral Presentation
  • 15:00
  • 血管内皮細胞特異的な遺伝子発現を生み出す転写・エピジェネティック因子複合体
  • A novel mechanism of endothelial cell-specific gene expression regulated by epigenetic and transcription factors.
  • 岡田 欣晃(薬学研究科 生命情報解析学分野 准教授)
  • 15:30
  • HMGB1全身投与による自己間葉系幹細胞誘導療法を用いた新しい心筋再生療法
  • Systemic High-mobility Group Box 1 Administration Could Suppress Adverse Post-infarction Ventricular Remodeling in a Rat Infarction Model by Enhancing Self-regeneration System.
  • 後藤 隆純(心臓血管外科学 大学院生)
  • 16:00
  • ADAR1によるRNA編集を介した自己免疫制御機構
  • ADAR1-mediated RNA editing is required for thymic self-tolerance and prevention of autoimmunity.
  • 中濱 泰祐(神経遺伝子学 助教)
  • 16:30
  • エピトランスクリプトームによる消化器がん悪性化機構の解明
  • Epi-transcriptome regulate the malignancy of gastroenterological cancer.
  • 今野 雅允(先進癌薬物療法開発学 講師)
  • 17:10
  • ポスターセッション

ポスター演題 Poster Program

  • 阻害剤ライブラリーを用いたKLF4によるMMP13発現誘導メカニズムの解析
  • How does KLF4 induce MMP13 expression in chondrocytes?
  • 鬼頭 昭吉(歯学研究科口腔解剖学第一教室)
  • 脂質負荷による肝障害におけるRIPK1の役割について
  • Role of RIPK1 in lipid-induced hepatic injury.
  • 北 康平(機能診断科学講座)
  • 新規Rab11結合タンパク質RELCH/KIAA1468は細胞内コレステロール輸送に機能する
  • The Rab11-binding protein RELCH/KIAA1468 controls intracellular cholesterol distribution.
  • 傍嶋 智明(細胞生物学)
  • ボルナウイルス感染で変動するmicroRNAの解明
  • Elucidation of mircoRNA change during borna disease virus infection.
  • Teng Da(ウイルス学教室)
  • 生体骨髄イメージングを用いた骨髄内の白血病細胞に対する免疫応答の動的解析
  • In vivo dynamic analysis of anti-leukemia immune responses by intravital bone marrow imaging.
  • 山下 英里華(免疫細胞生物学)
  • 日本人集団における28の新規2型糖尿病感受性領域の同定
  • Identification of 28 novel susceptibility loci for type 2 diabetes in the Japanese population.
  • 鈴木 顕(遺伝統計学)
  • KLF4による骨芽細胞分化の抑制はヘッジホッグシグナルの活性化でレスキューできる
  • KLF4 inhibits osteoblast differentiation by repressing ciliary-mediated Hedgehog signaling.
  • 竹内 優斗(大阪大学歯学部付属病院)
  • 脂肪組織のオートファジー亢進が肝脂肪蓄積を増悪させる
  • Induction of autophagy enhancement in obese adipose tissue exacerbates liver steatosis.
  • 坂根 貞嗣(消化器内科学)
  • 肺癌の発生におけるArl4cの機能解析
  • Functional analysis of Arl4c in lung cancer development.
  • 木村 賢二(分子病態生化学・呼吸器外科学)
  • 脊髄損傷後の上衣細胞による組織修復機構におけるIL-17Aの与える影響
  • The effect of IL-17A on tissue repair mechanism by ependymal cells after spinal cord injury.
  • 宮嶋 久雄(分子神経科学)
  • 脳梗塞後の樹状突起再構築によるペナンブラ領域の機能的障害の修復
  • Dendrite remodeling of surviving neurons in ischemic penumbra.
  • 澁谷 直(分子神経科学)
  • リソソーム生合成マスター転写因子TFEBの新規調節機構の解明
  • Identification of a novel regulator of TFEB.
  • 藤田 敏治(遺伝学)
  • 日本人集団における婦人科5疾患の横断的ゲノム解析
  • Cross-trait genetic analysis of five gynecologic diseases in Japanese.
  • 増田 達郎(遺伝統計学)
  • 微研・IFReCでの共通機器による測定手法開発
  • Methods development of core facility instruments at Biken/IFReC.
  • 杉原 文徳(微生物病研究所 中央実験室)
  • 乳がん細胞におけるタモキシフェン耐性獲得過程の時系列解析
  • Time-series analysis on the process of acquiring tamoxifen resistance in breast cancer cells.
  • 間木 重行(蛋白質研究所 細胞システム研究室)
  • オミクスデータの統合解析と数理モデリングを用いたNF-kappa Bによる転写制御機構の解明
  • Integral analysis of omics-data and mathematical modelling revealed NF-kaapa B-dependent transcriptional regulation.
  • 岩本 一成(蛋白質研究所 細胞システム研究室)
  • センダイウイルスF蛋白質とIL-12の相乗効果により腫瘍由来エクソソームの腫瘍増殖促進効果に打ち勝つ
  • Synergistic effects of Sendai virus F protein and IL-12 overcome pro-tumor effects of tumor-derived exosomes.
  • 嶽肩 誠(遺伝子治療学)
  • HLA-B27/β2 ミクログロブリンTgラットを用いた脊椎関節炎モデルラットの作製と評価
  • Confirmation of HLA-B27/hβ2-microgloblin transgenic rats as a spondyloarthritis model.
  • 孫 嬌(健康発達医学講座)
  • 人工知能が獲得した美醜イメージの可視化
  • Visualization of mental representation of 'beauty' and 'ugly' in the Artificial Intelligence.
  • 今井 亮太(基礎工学部)
  • 赤痢菌由来E3リガーゼIpaH4.5の機能解析
  • Physiological analysis of Shigella E3 ligase IpaH4.5.
  • 大坪 亮太(微生物病研究所 感染微生物分野)
  • Semaphorin 6D逆行性シグナルによる脂質代謝制御は抑制性マクロファージへの分化に必須である
  • Semaphorin 6D reverse signaling controls macrophage lipid metabolism and anti-inflammatory polarization.
  • 姜 秀辰(iFReC, 免疫機能統御学)
  • 小胞体関連分解・生合成経路を介したミトコンドリア選択的オートファジーの制御
  • ER-associated degradation and biosynthetic pathways coordinately regulate mitochondria-specific autophagy.
  • 大西 真駿(生命機能研究科, ミトコンドリア動態学研究室)
  • 腸内細菌由来代謝産物による小腸CX3CR1+ 細胞における樹状突起伸長の制御
  • Regulation of dendrite protrusion in intestinal CX3CR1+ cells by bacterial metabolites.
  • 森田 直樹(免疫制御学)
  • 電位依存性プロトンチャネルは肝臓の糖新生に関与する
  • voltage-gated proton channel is involved in liver glyconeogenesis.
  • 香山 健斗(統合生理)
  • 時間短縮!カスタム培地・調製液
  • Save time with custom media and solutions.
  • 廣田 勝也(ナカライテスク株式会社)
  • SMARTer ICELL8システムを用いた全長シングルセルRNA-seq解析
  • Full-length, single-cell RNA-seq with the SMARTer ICELL8 Single-Cell System.
  • 松崎 耕二(タカラバイオ株式会社)
  • 腫瘍に浸潤した免疫細胞集団TILの分離と解析ワークフロー
  • A workflow for optimized isolation and analysis of tumor-infiltrating immune cell subpopulations.
  • 高須賀 直美(ミルテニーバイオテク株式会社)
  • TotalSeq™:マルチプレックスイムノフェノタイピングのために標準化されたオリゴヌクレオチドバーコード抗体複合体
  • TotalSeq™:Standardized oligonucleotide barcode antibody conjugates for multiplex immunophenotyping.
  • 辻村 朋彦(トミーデジタルバイオロジー株式会社)
  • HVJ-Envelope transfection kit.
  • HVJ-Envelope transfection kit.
  • 近藤 由隆(石原産業株式会社)
ページの先頭へ